05
気怠るい夜に
いづる月は

薄き桃色の
衣纏ひ

悠久の眠りに誘ふ

偉大なる英雄も
天賦の才を持つ策士も

その誘ひにえ抗はず

身包み込む衣は

やがて
心も包み

獣の王も
子ねこまと成る

-戎-