Picsart_22-08-11_17-35-18-785

朝の駅

陽射しが
暑く眩しいプラットフォーム

雑踏の中に
君の後ろ姿を見た気がした

僕の体は
通勤の道程を進み

視線は君の影を
追っていた

君の影はやがて
雑踏の中に消え

僕の乗った
電車のドアは閉じた

電車は進む

君との想い出が

走馬灯のように
電車の窓から

流れて消えた

-戒-






























https://p-any.net/index.html?guid=ON&fid=345047&ic=8313216ce11210efbcf4175543d705c6

“いつでもどこでも”ポイントが貯まる!Point anytime

“いつでもどこでも”ポイントが貯まる!Point anytime